BBどんぶり205φ ラミ

竹とバガス(サトウキビの搾りかす)の混合素材からできた、植物由来で100%生分解性の業務用・使い捨てテイクアウトどんぶり容器。シンプルなデザインで、さまざまなメニューと相性抜群。お米の貼り付きを抑制、耐油耐水性、電子レンジ対応。テイクアウト容器としてお使いいただけます。

商品コード
00653143
カテゴリ 汎用トレー | 食品容器
材質 (竹90%・バガス10%)/PLA貼り
サイズ
ケース: 495mm × 430mm × 230mm
単品: 205mm × 60mm
入数
ケース: 500
小袋: 50

 

 

商品の特長

竹とバガスを使った環境に優しい植物由来のエコ容器

 

BBどんぶりシリーズは成長の早い竹と廃棄されるはずだったバガス(サトウキビの搾りかす)の混合素材からできた植物由来の業務用・使い捨てテイクアウト容器です。
自然界に流出しても微生物による分解(生分解)で土に還ることから環境に優しいエコ容器です。

 

 

お米の付着を防ぐ。PLA(生分解性フィルム)加工

 

従来のバガス容器はお米が付着しやすいデメリットがありましたが、WB弁当シリーズは、内面に生分解性フィルム加工をしているため、お米の付着を防ぎます。
フィルムに生分解性を持つPLA(ポリ乳酸)を使用することで、機能性と生分解性の両立を実現しました。

 

 

丼ぶりに目盛り線(ガイド)があるので盛り付けが簡単

 

容器内側に目盛り線(ガイド)が入っており、一定の量をスムーズに盛り付けができるため、時間短縮や盛り付けの品質安定につながります。作業者の負担を軽減する便利な目盛り線です。

 

 

電子レンジや耐油性・耐水性も”安心”の性能

 

電子レンジ対応で耐油耐水性も備えているので、数多くのメニューに使用できます 。
例えば中華弁当やビビンバなど油が多く含まれたメニューや、幕の内弁当など煮物が入っていて水分の含むメニューでも、容器に染み込んだり破れにくい作りになっています。
※透明蓋は電子レンジ非対応です。

 

 

シンプルなデザインなのでさまざまなメニューと相性抜群。

 

竹の柔らかな色味やシンプルなデザインは、さまざまなメニューと相性抜群です。例えばローストビーフ丼や海鮮丼などの丼物はもちろん、惣菜、サラダや煮物やスープ類、ラーメンなどでも利用でき、容器の用途を選びません。

 

 

共蓋(同じ材質の蓋)と透明蓋(プラスチック)の2種類展開

 

蓋は共蓋と透明蓋の2種類展開しており、エコに特化するなら共蓋、店頭での販売など中身を見せたい場合は透明蓋と、目的に合わせて選ぶことが出来ます。

選べるサイズ4種類!

サイズの異なる4種類をシリーズ展開し、メニューに合わせて選べます。

シリーズのサイズ仕様

本体 対応蓋
BBどんぶりD-1 ラミ BBどんぶりD-1共蓋
YS丼 D-1-F

BBどんぶりD-2 ラミ

BBどんぶりD-2共蓋

YS丼 D-2-F

BBどんぶりD-3 ラミ
 
BBどんぶりD-3共蓋

YS丼 D-3-F

BBどんぶり 205φ×60H

T-ティアラ丸皿21 嵌合蓋(APET)
※専用蓋ではございません

BBどんぶり 205φラミ

T-ティアラ丸皿21 嵌合蓋(APET)
※専用蓋ではございません

 

パックスタイル エコのバガスシリーズ

どんな素材?バガスとは。

 

バガスとは、砂糖の生産過程で、サトウキビから出る搾りかすで、全世界で年間1億トン以上発生しています。通常、ボイラー燃料、飼料、堆肥として活用されますが余剰分は廃棄されていました。バガスを使用した容器は、”資源を有効活用する”、”海洋プラスチックゴミを削減する”など、環境に配慮した消費活動のご提案となります。

 

「竹」を有効活用し、もっとエコに

 

「竹」はアジアを中心に豊富に自生しており、生命力が強いので枯渇する心配の少ない植物です。 また、一般的な木の成長は50~60年程度の年月が必要ですが、竹は成長速度が早く3~5年で収穫が可能となります。木材の代わりに竹を使用することで資源の有効活用とともに森林保護に繋がります。

 

「竹とバガス」の容器:BBシリーズ・ABシリーズ

 

BBシリーズ、ABシリーズはバガスと竹の混合素材からできた容器です。成型時に接着剤を使用していません。100%植物由来のため、微生物の働きにより土に還ります(生分解)。BBシリーズは素材本来の温かみのある風合いでナチュラル感、ABシリーズは白基調で清潔感を演出。50種類以上のラインナップで、さまざまなメニューに対応します。

Plastic Smart(プラスチックスマート)キャンペーンに参加しています

 

パックスタイルのバガスシリーズは環境省が推進するプラスチックスマートキャンペーンに参加しています。プラスチックスマートとは、世界的な海洋プラスチック問題の解決に向けて、個人・自治体・NGO・企業・研究機関など幅広い主体が取組を進めることを後押しするキャンペーンです。